認可保育所が不足している問題

不足する原因

認可保育所が不足しているのには理由があります。そもそも、認可を受けるためには基準を満たしていなければいけません。その基準の1つに保育士の数があります。十分な保育士を確保することができなくて困っている保育所が多いのです。これは就業時間の問題や給与の低さ、責任の大きさなどがあります。

また、保育所を建てるための用地が不足している問題もあります。保育所を運営するためにはある程度のスペースを確保しなければいけません。都市部では特にそのような土地が不足しているのです。たとえ土地があったとしても、周辺住民から反対されてしまえば建設することはできなくなります。

採算が合わないという問題もあります。認可保育園は民間の保育園でも認定されるのですが、企業が参入しようと思うとコストがかなりかかるため利益が小さいのです。企業はあくまでもビジネスとして保育所を運営しようとしているため、人件費を削るケースもあります。これでは待遇が悪くなるため、保育士の不足を招いてしまうでしょう。

また、認可外保育所を敬遠する方がたくさんいるのも理由となっています。認可保育所ばかりに応募が殺到するため、どうしても定員をオーバーしてしまうのです。このようにいろいろな理由から認可保育所は足りない状況となっているのです。